YH化粧品YHローション

YHローションとは

アトピー、ニキビ肌、敏感肌の方に口コミで大人気の
洗顔感覚で使える天然鉱泉水を使用したスキンケアローション。

YHローションAの特徴は

天然鉱泉水がベースのミネラル豊富な化粧水です。


YHローションA 2本セット


YHローションA 2本セット【アトピー・ニキビ・敏感肌にYH化粧品】

メイク仕上げ後にシュッとひと吹きするだけでメイク崩れを防ぎます。

髪のケアや寝ぐせ直しなどにもお使いいただけます。

天然鉱泉水を使っているので、皮膚への浸透性に優れ、肌がしっとりと潤います。

この肌本来の防御能力をキープするためには、浸透性に優れた化粧水での水分補給が大切です。

肌の角質層の水分が20%程度に保たれていれば、冬の乾燥期にも肌荒れを起こしにくくなります。



天然鉱泉水の力は、お肌にやさしい成分です。

常水(天然鉱泉水)
YH化粧品のべースになっている水は、名水百選に選ばれた天然鉱泉水です。

エタノール(発酵アルコール)
化粧品にかかすことが出来ない原料です。各種成分を溶解する性質があるので、溶剤として多用され殺菌・収れん・清涼感などの目的で配合されています。

YHローションで使用しているアルコールは合成ではなく、食品に使用される発酵アルコールです。

カミツレエキス
カミツレの花より抽出して得られたエキスです。

アラントイン
コンフリー(ヒシハリ草)に含まれる成分です。

クエン酸
クエン酸を塩の形にしたもので、化粧品ではキレート・PH調整作用などの目的で配合されています。

クエン酸Na
クエン酸と組み合わせ、化粧品ではキレート・ Ph(ペーハー)調整成分として、広く使われています。

フェノキシエタノール
わずかに芳香のある粘超な液体で防腐作用があり、パラベンと組み合わせたりして使用されます。

バラベン
化粧品用の防腐剤として、殆どの商品に使用されています。 皮膚刺激や過敏症など他の防腐剤に比べ低いと言われています。 YH化粧品では、4種類あるパラベンの中で、一番肌に刺激が少ない水溶性メチルパラベンを使用しています。



角質はお肌に大切です。

美肌にもっとも重要な役割を果たしているのが、
わずか0.02ミリの厚さで表面を覆っているにすぎない角質層です。

しっとりうるおったみずみずしい肌は、この角質層に水分が10−20%に保たれている 状態です。

油分を与えなくても、水分のあるところには、おのずと皮脂が分泌され“天然クリーム”となって肌の表面を包み込み、水分を逃がさないように肌をしっとりとうるおわせています。


ですが、水は蒸発する速度が速く、常に与え続けなければならず、しかも乾いたあとは肌がつっぱってしまうという欠点があります。

ゆっくり蒸発する化粧水は、長く肌にとどまり、肌の温度を上昇させません。メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐことにもなります。


正常な肌であれば、汗と脂でいつも皮膚の表面は“天然クリーム”となって肌を守っています。皮膚の自然作用がスムーズに行われていれば,不足しがちな水分を補うだけで、スキンケアに神経質になる必要はありません。

過剰なケアは水分不足となり、肌はかさついたり、シワができたり、日焼けがなかなか消えなかったりします。

また細菌がつきやすくなり、ちょっとした刺激にも傷がつきやすくなります。



ピーリングや化学薬品で肌をいじめてませんか?

あなたはお肌をいじめていませんか?
何気なく使っている洗顔料やシャンプー・化粧品には合成界面活性剤という肌に刺激を与える成分が含まれています。

皮脂膜を壊し、水分を逃がさないように守っている角質層を壊し、機能性化粧品に含まれる毒性を皮膚に擦り込む、肌にとってはケアどころか、過酷ないじめのようです。

こう考えると、化粧品の使いすぎでアレルギーやかぶれなど様々なトラブルが起きるのも当然という思いが湧いてきますね。

またピーリングも古い角質層を薬品や物理的にはがすため一時的につるつるな素肌になりますが、角質層は本来お肌を守るのに必要なもの。

水分を取り込み乾燥を防いだり、紫外線や外部の刺激から守るためにあるのです。
これを人工的に取り除き強制的に再生させるピーリングはお肌の老化の元になるという意見もでています。



YHローションA 2本セットはこちらから


YHローションA 2本セット【アトピー・ニキビ・敏感肌にYH化粧品】
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。